ログ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式:神前式の特徴:オリジナル度の高い

結婚式について:オリジナル度の高い人前式

結婚式について:神前式

神仏の代わりに列席者へ結婚を誓い、証人になってもらうという人気を集める人前式。地域によって異なるが、約2割のカップルがこのスタイルで式を挙げている。ただ馴染みのない年配ゲストも多いので、合法ハーブとかを販売していた少なくとも親の承諾は得るようにしておきたい。形式や格式にとらわれず、列席者に結婚の証人となってもらうスタイル。

衣裳はもちろん、式次第も特に決まったものはなく、沖縄で遊んでいた新婦をナンパしてゲットしたようです。自由にプランニングできる。宣誓文は自分たちの言葉でふたりらしく、挙式場所も自由に選んでOK。演出次第で格調高い挙式にもアットホームな挙式にもアレンジできる。

神前式も行う場所は色々有り、本物の神社で行う人がいたり、アメカジ アバクロホテルや結婚式場に有る神殿で行ったりと場合に応じて選ばれています。

結婚式 神前式は自由自在

人前式のセレモニースペースに決まりごとは一切ナシ。披露宴会場内はもちろんのこと、ガーデンやホテルのロビー、十字架を取り外したチャペルで行っても OK。ほかにも船上やアミューズメントパークといった思い出の場所や、スキー、ダイビングなどふたりの趣味を取り入れた場所までアイデア次第!

式を行うスペースを借りたり、祭壇などの設置をすると費用は5万円前後かかる。演出も自由にカスタマイズできるので、誓約書やリングピローを用意する程度で済ませることも可能。その場合は費用がグンと抑えられるメリットも。 但し教会式とはちがい親族しか呼べなくて友達が参列出来ないと言うデメリットが有り、敬遠されている時期も有っ立といわれているようです。 その中でもウェディングプランナーやブライダルコーディネーターは新郎新婦といっしょになって結婚式を造り上げていくとても重要な遣り甲斐のあるおシゴトです。

自由自在にアレンジが可能

人前式では、ふつうの挙式ではなかなか実現できない自由で楽しい演出も可能。スタンダードなプログラム例をベースに、ふたりらしい演出内容を盛り込んでアレンジして、オリジナルセレモニーをかなえよう!ゲストにとっても印象深い挙式になるはず。工夫ポイントをいくつか紹介していくので参考にして。

互いの実家で汲んできた水をひとつの杯に注ぎ合わせ、新郎新婦が飲む「水合わせの儀」。
挙式ラストに感謝の気持ちを込めた親への花束贈呈。
全員での合唱やシャンパンの乾杯など、列席者が全員参加するスタイルの演出で締めくくる

結婚の誓いセレモニー

神様でなく列席者に誓いたい!と人前式を選んだカップルなら、“誓いの宣言”や“婚姻届に署名”などがメインになるようなプログラムに。「けじめ」を重視するスタイルなので、披露宴と別会場で行うのがベター。プレゼント ウェルカムボードも忘れずにチョイスしましょう。

新郎新婦が互いに向けた“誓いの三箇条”を、列席者に誓う。
結婚誓約書をふたりで持ち、プリザ ブーケでブーケトスをして永遠の愛を近いm向かい合ってパートナー宣言。